HOME > 見えない矯正 > 見えない矯正:リンガルブラケット

舌側にブラケットを付ける目立たない矯正

見えない矯正:リンガルブラケット

リンガルブラケットとは?

世界舌側矯正学会認定医・日本舌側矯正学会認定医

リンガルブラケットとは?リンガルブラケットとは、舌側(歯の裏側)にブラケットを取り付ける固定式の矯正治療法。一般的な表側矯正のブラケットタイプと同等の矯正効果を得られますが、表側から装置がまったく見えないという利点をもつ治療法です。

装置が見えない矯正治療にはほかに「インビザライン」という選択肢がありますが、インビザラインは重度の症例には対応できない場合があります。リンガルブラケットであればほとんどの症例に対応できます。

また、普段目に付くのは上の歯であることが多いため、上の歯列にリンガルブラケットを、下の歯列には通常の表側に付ける装置を付けて治療することも可能です。

リンガルブラケットとは?

リンガルブラケットのメリット

リンガルブラケットによる矯正の最大の魅力は審美性。表側から見えないので、他人に気付かれずに治療できます。そのため、人と接する職業の方によく選ばれています。

リンガルブラケットで知っておきたいこと

治療時間が長くなります

一般的な表側矯正とは全く異なる知識、技術、ノウハウが必要です。全国的に見ても確立されたシステムで、リンガルブラケット矯正法を提供できるクリニックは限られております。

費用が割高になります

装置はオーダーメイドとなるうえ、装置装着や調整に高度な技術が必要になります。そのため表側矯正と比較すると費用が割高になります。

装置に慣れるまで違和感があります

装置が常に舌と接触するため異物感があったり、しゃべりにくくなったりします。しかし、1~2週間すると慣れてきますので、ご安心ください。

リンガルブラケットの種類

New STb

舌側矯正システムSTb(Scuzzo-Takemoto bracket)は、「快適で、速く、確実な治療システム」を実現するために、イタリアの矯正医Dr.スクッゾと竹元京人先生(E-LINE矯正歯科、東京)が共同で考案、開発した矯正装置です。
STb舌側矯正システムは、今迄の舌側からの矯正治療における弊害ともいうべき制約を大幅に改善し、まったく新しい快適な舌側矯正装置として誕生しました。
STbは、患者様に快適な舌側矯正治療を提供するために次の3つのコンセプトを基に開発されています。

【違和感の少ない治療を提供 comfortable】
舌側矯正にありがちな発音障害、咀嚼障害が最小限に抑えられます。
ブラケットの厚さは約1.5㎜と非常に薄く、歯面に密着しているため外れることはほとんどありません。小さく丸いデザインは口腔内での自浄作用にも効果的で、舌側歯ぐきとブラケット間や、ブラケットごとの間隔が広いことからも歯磨きしやすく、汚れや歯石がたまりにくいので衛生管理が簡単です。

【歯科矯正より速く faster】
STbはサイズが小さいので、装置と装置の間の距離が広く、ワイヤーの弾性を効果的に利用することが出来ます。
弱い力で歯の移動が速くできるので、治療期間が短くなります。

【信頼の装置 reliable】
現在のSTbは、開発者が改良を重ね臨床応用し、患者様からも評価を得た装置です。
短期間で、歯や歯周組織に必要以上の負担がかからず(生物学的に無理がありません)、人間本来の持つ機能を有効に利用して移動するので、安心と信頼をいただいています。

クリッピー-L

クリッピーLは、独自のクリップ構造を持つため、弱い力で効果的に歯が動くので、矯正による歯の痛みが少なく、治療期間も短縮されるというメリットがあります。歯につけるブラケットとワイヤーを固定するために、従来はゴムや結紮(けっさつ)線などを使用していましたが、結果的に摩擦が生じ、この摩擦が歯の効率的な移動の妨げとなっていました。それが大きく改良されたのが、クリッピーLです。

違和感も少ないので、舌を歯の裏にあてて発音するサ行・タ行・ラ行などの発音にもほとんど支障がありません。

DAN 矯正歯科クリニック ご予約はお電話・ネットから TEL 096-288-0727 営業時間 平日 9:00~13:00/14:00~19:00 土曜  9:00~13:00  休診 日曜・祝日 オンライン予約

経歴

住所 熊本県熊本市中央区上通町1番1号NK第1ビル5F 地図はこちらをクリック
最寄り駅 熊本市電 通町筋駅から徒歩2分
診療時間 月・金    13:00~19:00
火・水・土 10:00~13:00/15:00~19:30
日      9:00~16:30
Page Top